血液検査の結果

血液検査

本日、かかりつけの内科医のところにいって、先月、血液検査をしてもらった結果を貰ってきました。

血液検査の結果

画像だとちょっとわかりにくいので、検査項目と結果を以下に記します。

  • 総蛋白 7.0
  • アルブミン 4.2
  • A/G比 1.5
  • 総コレステロール 220 H
  • HDL コレステロール 46
  • LDL コレステロール 140 H
  • 中性脂肪 224 H
  • 尿素窒素 16.8
  • クレアチニン .97
  • eGFR 63.5
  • 尿酸 7.8 H
  • AST(GOT) 44 H
  • ALT(LDH) 97 H
  • γ-GT(γ-GTP)70
  • 血糖 96
  • HbAlc(NGSP) 5.9

 赤字で書いてある項目がH(基準値よりも高い)ということです。

で、見ていくと総コレステロールは基準値が150~219なので、220はちょい惜しい、といったところ(そういう問題ではない)。高い値だと動脈硬化を引き起こし、生活習慣病の原因になるとのことです。

LDLコレステロールは基準値70~139で140。これも惜しい。以前は悪玉コレステロールと云われて、高い値だと血管壁に沈着して動脈硬化の原因になります。

中性脂肪は基準値150未満で224。たっぷりオーバーしています。肥満や脂肪肝の原因。私はほぼ毎日晩酌をしているので、肝臓はかなり弱っているかも。

尿酸が基準値7.0以下で7.8。プリン体を摂りすぎると上がるやつです。痛風になると嫌だし、運動で下がるのか……。

AST(GOT)が基準値8~40で44。ALT(LDH)が5~35で97。この2つは肝細胞で、γ-GTPは胆管で作らえる酵素だそうで、いずれもトランスアミナーゼと呼ばれていて、肝臓でアミノ酸の代謝に関わる働きをしています。肝細胞が破壊されると血液中に放出されるので、多いと肝臓が弱っているということ。肝炎や肝硬変、肝がんなどのリスクがあります。

特に気になる肝臓回りの数値ですが、治療は有効な薬がなくて、食生活・運動・睡眠だそうで、やはりスポーツジム通いが効きそう。あとはお酒は控えろってことか……。

コメント

  1. […] 前回の血液検査の結果でも書いてますが、肝機能が弱ってくると数値が上がる、AST(GOT)とALT(GTP)の数値がけっこうやばめになっています。前回は9月14日に採血したときの結果で、AST(GOT)が44でALT(GTP)が97なので、10月18日までの一ヶ月間でまたグンと上がってしまっています。 […]

タイトルとURLをコピーしました